YOSHIHIKO UEDA | 上田義彦

books

YUME

2010, SEIGENSHA Art Publishing, 青幻舎

Design : Toshio Yamagata

Far removed from the politicised image of Myanmar (Burma) seen from abroad, is a land of ageless beauty, tranquil skies and blissful quietude. Deep red monks’ robes, azure walls and verdant rainforests sheltered away from the outside world. A realm apart, where time almost stands still, scenes painted in eternity captured here in photographic images.

and so they dream

so far and wide

sleeping dreams

waking dreams

from birth to death

now and forever

on and on

they dream

—Mandalay, March 2009

“My wife and I first visited Saku Monastery in Mandalay four years ago when we were invited to the opening of a temple school we had helped to found with our donations. The old sanctuary was home to many hpongyi monks and koyin novices who seemed to dwell in a different time even as we shared the moment with them. Whence came their ease? Why did this land so far removed from material affluence make us so keenly aware of the richness of human life? I knew I had to photograph the place to find out.

“In 2009, I revisited Mandalay with camera in hand to photograph the monks in their own time. The title yume—dreams—came to mind one sweltering midday as I was taking pictures of the boys napping on the cool cement monastery floor, their eyes swimming behind their eyelids. Orphans and children of poor families are often entrusted to Buddhist monasteries, where they take the tonsure and receive a basic education. Upon reaching adulthood, these koyin must decide whether to return to the lay world or continue on the spiritual path as hpongyi. Meanwhile, they sleep and dream—of their lives past and future, vast and various, each to each. The stillness of these hours must seem like a dream to us in our modern urbanised existence.”

from the "Photographer Interview" section of the FujiFilm homepage (used with permission)

外から見た政治的なミャンマーへの印象とは違う穏やかな空気、美しい時間、静謐なひととき―。僧侶の衣の深紅、群青に染められた壁面、外界を隔てる湿った木々の緑。まるで時が止まったかのように美しく、絵画的な光景を捉えた写真集「YUME」は、2010年に出版された。

夢を見る

人は夢を見る

いろいろな夢を見る

眠っている時も

起きている時も

生まれて

死ぬまで

ずっと ずっと

夢を見る

ミャンマーマンダレー

サク僧院にて / 上田義彦 (2009年3月)

写真集「YUME」巻末より
私がミャンマー、マンダレーのサク僧院を初めて訪れたのは、4年程前のことでした。僧院の一角に妻と一緒に、子供たちのために小さな学校を建て、それを寄付し、その開校式に招待されたのがことの始まりでした。多くの僧侶たちが暮らす古い僧院。同時代でありながら、そこには私たちとは全く違う時間が流れていました。この安らぎは何だろう?物質的な豊かさとは無縁なこの場所に本来の人の豊かさを痛いほどに私に感じさせるのはなぜなのだろう。それを知るためにも、この場所を撮らなくてはならないと思いました。
2009年に再びその地を訪れ、カメラを手にし、時間の流れを確かめるように僧院とそこで暮らす僧侶たちの写真を撮りました。YUMEという言葉は、暑い昼間、僧院の床で寝ている子供たちの写真を撮っている時に自然に頭の中に浮かんできました。涼しいお堂の石の床の上で、気持ちよさそうに昼寝をする子供のまぶたが、夢を見ているように動いていました。僧院には、孤児や親の事情で多くの子供たちが預けられています。彼らは20歳になった時、僧侶としての道を続けるのか、外の世界に出て行くのかを決めなくてはなりません。子供たちが寝ている時に見る夢、彼らの将来への夢、いろいろな人々のいろいろな夢。そしてこの写真集に流れている、ゆったりとして静謐な時間も、近代化された都市に暮らす我々には、まるで夢のようなものなのかもしれません。
FUJIFILM Home Page Fotonoma 「 The Photographer Interview 幸福な写真に向かって」より掲載した。