YOSHIHIKO UEDA | 上田義彦

books

Ryojo

2015, Hatori press,Inc. 羽鳥書店

Design : Kenya Hara , Kanako Ohashi

Journeys

The photos in this collection are impulse snaps taken during my frequent photography trips to China between the late 1980s and 2011, and feature people encountered on my travels, and landscapes that caught my eye.

Looking at these photos for some reason brings back vividly the person I was then. It never ceases to amaze me that despite now finding it scarily difficult to remember everyday things, looking at photos I can recall in perfect detail events even from 20, 30 years ago, and what was going on around the time. I’m reminded once again of the wonder of photographs, and their seeming ability to capture even memories from the period in which they were taken.

Disembarking in winter around 1990 at what was still the old Beijing airport, one always caught a whiff of that peculiar, nostalgic, coal-fire aroma. I remember, upon detecting that scent, feeling thrilled to be back in Beijing again, because I loved China in winter, particularly the hazy streetscapes of Beijing. And I’d savor, with a secret thrill, the joy of returning to the endless, remote vastness of the continent.

My gaze from that time is captured in these snaps taken free of contextual chains, alongside scenes of an older China now gone forever, and people living life in the slow lane. And I realize how much I truly loved China as it was then, and the people who lived there.

Yoshihiko Ueda

旅情

この写真集に掲載した写真は、1980年代後半から2011年まで、僕が中国へ頻繁に撮影旅行へ出掛けていた頃、旅の途中で出会った人々や、目にとまった風景を、その時どき、気ままにスナップしたものです。

これらの写真を見ていると、何故かあの頃の自分の姿を鮮明に思い出すことが出来ます。最近では、恐ろしいほどに、ほとんどの日常の出来事をきれいさっぱり忘れてしまっている自分が、写真を見ると、それが20年、30年前でも、

その時の事や、前後の事など、些細な事までも鮮やかに想い出すことが出来るのは不思議でならない。写真というのは、前後の時間の記憶まで丸ごと写しこんでしまうものなのだろうかと、改めてその不思議に思いをはせます。

1990年頃の冬、まだ古い北京の飛行場に降り立つと、決まって、石炭を燃やした様な懐かしい独特の香りが辺りに漂っていました。その香りを嗅ぐたび、また、北京に戻って来れたことを嬉しく感じる自分がいました。何故か僕は、冬の中国、特に、北京のガスっぽい景色が大好きだった。そして、中国の何処までも続く遥かな大地にまた立てた喜びを、一人噛み締めていました。

そんな僕の眼差しが、脈絡もなく撮ったスナップ写真の中に、今ではもう見ることの出来ない懐かしい中国の景色や、のんびり過ごす人々の姿とともに写っています。そして僕は、その頃の中国や、其処で暮らす人々のことが心から大好きだったのだと思います。

上田義彦